気密性能と換気の関係

気密性能が悪ければ、部屋のあちらこちらから空気が出入りしてしまいます。

気密性能が良ければ、計画的な換気ができます。

計画的な換気ができれば、部屋の隅々の汚れた空気をしっかりと入れ替えることができるようになります。

そうすれば、住む人はいつもきれいで新鮮な空気を体内に取り入れ
健康的な暮らしを送ることが出来るようになります。

高性能住宅の落とし穴

高断熱であっても、気密がしっかりと取れていない住宅では、部屋で暖められた空気が隙間を通って壁の内部に入って結露する、内部結露が発生する危険性が高いです。内部結露は普段見えない壁の中で結露しますので、住んでいる人が気付かないうちに構造体内部の木材が腐って、気づいた時にはすでに手の付けられない状態になってしまうこともあります。

“高性能住宅の落とし穴” の続きを読む

高断熱住宅とは?

高断熱な住宅にするには、家全体を包み込むように断熱材を施工する必要があります。これが高断熱住宅において最も難しいところです。

断熱材を隙間なく連続性をもって詰めていくことが重要なのですが、これにはかなりの施工技術が必要です。

断熱材も厚みや施工方法によって、その断熱性能は全く変わってきますので、断熱材の特性を理解し、きっちりとした技術で施工してこそ初めて高断熱のお家が出来上がるのです。

 

他にも、夏や冬に熱の出入りが一番激しい開口部の断熱性能も重要です。

今ですと、ガラスはペアガラスやトリプルガラス。サッシには木製サッシ、樹脂サッシやアルミ樹脂複合サッシなどがあります。

これらの部材を適材適所に配置する設計も必要なのです。