健康住宅365の性能

長期優良住宅(100年住宅)を実現するための工夫

日本の住宅の平均寿命は低いという事実

日本の住宅の平均寿命は約30年。アメリカの約55年、イギリスの約77年と比べると大変短い状況となっています。これに対して快適住宅365では全戸で長期優良住宅(100年住宅)を実現しています。

家の寿命と壁内結露

家の中の空気は加湿器を運転したり調理したり入浴することで、外の空気より多くの湿気を含んでいます。その水蒸気が隙間から家の壁の中に入ってしまうと、そこで結露する危険性が出てしまいます。
この壁内結露は柱や土台を濡らしてしまい、結果、カビ、シロアリの発生に繋がります。これが家の寿命を極端に短くする大きな原因なのです。

高気密+内部結露防止のための通気層

高気密であれば室内の空気が壁内に入り込む可能性がそもそも低いというメリットがあります。快適住宅365ではそれに加えて壁内に通気層があり、壁内のわずかな湿気も排出できる構造になっています。

シラス壁を用いることでさらに寿命が長く

シラス壁を用いることでさらに寿命が長く

シラス壁は水に強く、湿気を吸収するという特徴を持っています。
このシラス壁を外壁や内壁に使うことで、さらに家の耐久性はアップします。

ホウ酸による半永久的なシロアリ対策

ホウ酸による半永久的なシロアリ対策

ホウ酸は米・カルフォルニア州や西トルコの鉱脈で採掘される「ホウ酸塩鉱物」を精製して作られます。ホウ酸は鉱脈の他にも海水、淡水、岩石、すべての植物、土壌などに存在する天然物です。
一般の薬剤に対して人体に安全であることと、再処理がいらない(殺虫剤は3?5年程度の持続効果)という利点があります。

長期保証、安心メンテ

建築時点で上記のような様々な工夫を凝らし長期優良住宅を実現していますが、さらに安心して住んでいただくために長期の保証と定期的なメンテナンスをさせていただいています。